TARUTO ~365days~

1日でも多くの笑顔に出逢うために・・・腰痛と闘うフレンチブルドッグ☆

<< 2011-07- | ARCHIVE-SELECT | 2011-09- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

嘔吐事件①

時間は遡りますが、
7月29日、我々は引越におわれ、
シッターとしてばーばに来てもらっていました。
旧居、新居とも一緒にいましたけど、世話はばーば。
そして新居にてパパとタルトは先に休み、
私も寝ようと思った翌1時半頃、
タルトが起きてきたので、一緒に布団に戻ったら、
布団に数々の痕跡が・・・。

もぉーウンチ!!

っと思ったけど臭いがしない・・・。
臭いを嗅いだらフードでした(嘔吐)。
また新しい家になったからストレスかなぁっと、
タルトにごめんねーと言い、もう少し様子をみてから(病院)と思い、
パパを起こしてシーツを換え、タルトと添い寝しました。

そして5時半頃、
タルトが起きた気配があったので私も目を覚まして見届けると、
しっことウンチ。
自分のクッションに戻ってくると何故かおすわり。
「タルくん寝よー」って声をかけた時、嘔吐の体勢に。
吐く物がないのか、泡吹いていて・・・。
その直後、横にパタンと倒れたのです。
その瞬間、私はパニックになってすぐに抱きかかえました。
私の声で起きたパパに後から聞いたら、
「ごめんね。ごめんね。」って大泣きしてたって(笑)
病院行こ、病院行こ、って連呼で、パパがネットで病院探し。
私も横浜の信頼出来る病院に電話したのですが、
その日は急患が入ってしまっていたようで断られてしまい・・・。
パパが隣の区にある病院に電話してくれて、準備しようと思った矢先、
私の腕の中で、また泡を吹いてて・・・。

私、大泣き(笑) ←今だから笑える。

そんな大泣き状態の時、ピンと浮かんだ病院あって、
パパに再度調べてもらったら、こっちの方が近いので、
そちらに行くことに。。。

病院では、脱水症状なのと、
血液中のたんぱく質が足りていないとのこと。
レントゲンには何も写らないけど、
胃に消化されてない何か(おそらくフード)があるので、
腸に下りてくるまで、 絶食&点滴することになりました。(入院)
午前11時半にお迎えに行くと、
まだ様子をみたいとのことで、夕方まで入院することに。
でも、先生の判断は 「原因不明」 です。

ここからが、不信感の始まり。

話も反れます。 (批判的な話です。)

ここまでに二度、先生とは別の料金担当の方と話し、
それに承諾すれば診療が始まるのです。
それは、ま、普通のことかもしれません。
でも、説明の中でも 「??」 っと思うフシもあり、
更に、この高額請求。

コチラは一度目の請求。
201107301.jpg
これは救急なので仕方がない(納得できる料金)と思っていました。

そして11時半に行った時、あーだこーだで再 (2度目の) 請求。
201107302.jpg
高過ぎません?!
レントゲンは全部で12枚撮ったハズなんですが、
前半後半で3枚くらいずつしか見てないんですけど(笑)
もう領収書みる度に苦笑いです。
しかも明細には 「??(無駄or不必要)」 がいっぱいです。

けど、幼いタルトの為。
ここまでは黙って支払いました。
計113300円。

そして・・・
夕刻、様子を見ながらお迎えの電話をくれることになっていました。
その頂いた電話で・・・
「ウンチをしたんで、ウンチの検査いかがですか? 料金は7000円です。」 っと。
う、う、ウンチの検査、7000円?!
どんなに詳しく調べてもらえるのかしら??
っと思いつつ、この時はキッパリと断りました。

そしてお迎え時・・・
先生からお話を聞いている時、
看護士がコンコンと部屋に入って来て、
「タルトくんがまた泡を吹きました。」 っと。
このタイミング?!っとパパと目が合っちゃいましたよ。
もう、真偽はわかりませんでした。
けど、夫婦それぞれが感じたのは、同じ意見でした。
ギャンギャン泣いているのに(タルトの泣き声がしてました)、
あのタイミングで嘔吐はナイと。

その後、食事管理士みたいな人から、
買わされたフード説明。
薬剤師から何の薬だかわからん薬の説明。
それらを長々と聞き、
やっとタルトを返してもらえました。←
もぉ早く返してー!!って心では叫んでたんで。

ここまでで、気分を害された方がいたらゴメンナサイ。
救急病院や大学病院は、料金、診療共にこれが当たり前と
思われる方もいると思います。
ですが、先生のお話などを聞いた上で、
私とは合わない病院っと思ったのです。
なので、これからは病院探しするつもりです。
先代犬に信頼できる先生がいたように。

長くなったのでタルトのその後はまたにします★
スポンサーサイト

| BLOG | 21:46 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。