TARUTO ~365days~

1日でも多くの笑顔に出逢うために・・・腰痛と闘うフレンチブルドッグ☆

<< 2012-06- | ARCHIVE-SELECT | 2012-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

病院へ行ってきたよ!

今日、病院へ行ってきました(^^)
せんちゃんと一緒に♪

201207201.jpg

車の中でもラブラブです(^^)
やっぱりブヒはブヒが好きなんですかね。
もう少ししたらブヒレスが見れそうな気配♪
そして病院へ着いたら・・・

201207202.jpg

201207203.jpg

っと、せんちゃんは大人しくなってしまいました(笑)
待合室でタルトが遊びに誘ってもソワソワ。
せんちゃんはお耳が大変なことになってるのでその治療に。
この先生、指診がとても丁寧で、それだけで随分と時間がかかるのですが、
その時間を設けて下さるからこそ、タルトもせんちゃんも、
色々と別の治療&発見もしてもらいました♪
ちなみに、運動不足のせいもあってか、
体重が少し増えておりました(13キロ!)が・・・
先生には骨格からしてまだもう少し大丈夫と言われたー!
けどさ? 先生ー! クビレがほぼ無くなってますけどー!(笑)
ま、いっか(^^) 先生に任せておこう!

んで、ご心配おかけしておりますが・・・
タルトの皮膚の細胞を検出しまして・・・
結果的に・・・

201207204.jpg

『 表在性膿皮症(軽度) 』

やっぱり~っと言ったところです。 パパと言ってたので。
フレブルには多いと調べていたんですね。
梅雨から夏の終わりまで繰り返すコが多いと言います。
幸い痒がってないので、抗生物質のみとなりましたが・・・
私はそれすらも数日でやめようかと企んでいます。
まだ若いから自力で治せ! とスパルタ母さん(^^;)
ちなみに、先生は全然関係ないせんちゃんの体にも見つけてくれました。
細胞検出してないので膿皮症とは判断できなかったけど、
おそらく似た感じだ・・・と先生。 せんちゃんは様子見です。
あと、アレルギーを持っている可能性は高いけど、
症状的にやっぱりアレルギー検査は不要とのこと。
そして、草地禁止令も出ませんでした。

そんな感じで、ブヒオーナーさんがよく言う、
『 脱!ボコボコ! 』 宣言に私も加わります。
生きている間に治してあげれたらいいな。
いや、今はとりあえず、
これ以上酷くならないように努力しようと思います(^^)

201207205.jpg

タルトさん、頑張りました!
(皮膚チェック中。)

余談ですが・・・ 指診中に・・・
「先生、すぐに立っちゃう (跳びつき含め) のを直すのはどうすりゃいいの?」
っと、腰にもよくないだろうと思って聞いてみたら・・・
「んー、フレブルは直すのなかなか難しいですね。」 だとさ(^^;)
フレブルはすぐに手が出る生き物なんだとか。 確かに・・・。
手を出しながら立ち上がるのがブヒレスですものねー。
それが闘犬らしい名残りでもありますし・・・。

余談の余談だけど、
せんちゃんの診療は、お預けして診察室外での診療だったんだけど、
戻ってきて、嬉しそうにママに跳びついていたのがかわいかった(^^)♪
うん、せんちゃんも跳びついてたぞー!(笑)

そうか、それでいいのかー! ←ダメ母(笑)




  
ポチッとしてくれるとタルトがお腹出して喜びます(^^)♪
スポンサーサイト

| BLOG | 23:58 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。